J1 team review:清水エスパルス

J1 team review

オフェンス C

ディフェンス D

総合 C:発展途上のチーム、個人がもう少し意識を変える必要あり

第12節時点のデータです。

リーグ順位:16位/18チーム 2勝:3分:7敗:−6点 

リーグランキング:得点6位(平均1.50):失点18位(平均2.00)

JLEAGUE Date Siteより抜粋

https://data.j-league.or.jp/SFRT08/search?competitionYearEx=2020&competitionIdEx=2&selectedCompetitionName=%E6%98%8E%E6%B2%BB%E5%AE%89%E7%94%B0%E7%94%9F%E5%91%BD%EF%BC%AA%EF%BC%92%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0&selectedCompetitionYear=2020%E5%B9%B4&competitionYear=2020&competitionId=2

セットプレー(直後含む):得点7/16(43%):失点3/21(14.28%)

ボール支配率:52.1%(5位)

Football LABデータより抜粋

https://www.football-lab.jp/summary/team_ranking/j1/?year=2020&data=chance

システム:4−3−3 監督:ピーター クラモフスキー 監督 

オフェンス

ビルドアップ ○

中盤の繋ぎ ○

ボランチ:竹内選手 ◎ 右サイド:エウシーニョ選手 ◎

決定力 △

ラストパス、崩し △ 

力強さ △

元横浜FMのヘッドコーチ出身のピーター クラモフスキー 監督のもと、攻撃的なサッカーを目指していて、つなぐ意識も高く良い方向に向かっています。ディフェンスラインからビルドアップをしっかりし、サイドで数的優位を作り崩していきたいところですが、中盤までの繋ぎは良いのですが、ラストパス、崩し方、決定力が課題です。

ボランチの竹内選手は展開力もありラストパスもだせてボールが落ち着く選手で凄く良い選手です。

元川崎のエウシーニョ選手はタメも作れるし、相手が嫌なところにパスもだせるので、スタメンにエウシーニョ選手がいるといないとで大きく違ってきます。

ディフェンス

プレス △

ディフェンスライン

クロスの対応

横浜FM同様、ディフェンスラインも高く前線へのプレスも速いのですが、まだ完成されてないです。プレスを剥がされてしまうケースもあって、もう少し全員の連動が必要です。

ディフェンスのクロスへの対応が弱く、サイドからのクロスで失点する面も目立ちます。もう少し厳しい寄せが必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました